--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006. 04. 12  
本日より造幣局の桜の通り抜けが始まりました。
大川沿いの桜は先日の雨で散り始めていますが、造幣局はこれからが本番!!
今週末には満開になるんじゃないでしょうか…
まぁ、桜の木によってはもう散り始めてるものもあれば満開のものもありますけど(^^;;



◆◇◆開催概要◆◇◆
※開催日時※
平成18年4月12日(水)~4月18日(火)
10:00~21:00(平日)
9:00~21:00(土・日)
日没後にぼんぼりなどでライトアップします。
週末は混雑が予想されますので、できるだけ平日のご見物をおすすめします。

※通り抜け方法※
造幣局南門(天満橋側)から北門(桜橋側)への一方通行(距離約560m)になります。
住所:〒530-0043 大阪市北区天満1-1-79

※アクセス※
地下鉄谷町・京阪本線「天満橋」駅(北出口)下車徒歩10分
JR東西線「大阪天満宮」駅(2番出口)下車徒歩15分
JR東西線「大阪城北詰」駅(3番出口)下車徒歩15分
maps.gif

※お願い、ご案内※
造幣局構内及び周辺には、駐車場はございません。
ご来場の際は、公共の交通機関のご利用をお願いいたします。
造幣局桜の通り抜け交通規制のお知らせ(大阪府警察ウェブサイト)はこちら(PDF)をご覧ください。
造幣博物館は、4月10日から18日までの間、閉館いたします。
会場内での飲食は、ご遠慮ください。
会場内は全面禁煙になっております。ご協力をお願いいたします。
ロープ等で表示している区域内への立入はご遠慮ください。
自転車でのご入場はご遠慮ください。
ペットの入場はご遠慮ください。
せんべい等の造幣局製品以外の販売は行いません。

※桜情報※
今年の花は「大手毬(おおてまり)」です。
ootemari.jpg

造幣局では、通り抜けの桜に親しみを持っていただくため、数多くの桜の品種のうちから一種を「今年の花」として選び毎年ご紹介しています。
「大手毬」は、多数の花が枝の先に密生して咲き、大きい手毬の状態となるのでこの名がつけられたといわれており、花は中輪の淡紅色で花弁数は20枚程になります。

今年の桜は123品種363本です。
桜の種類、写真や本数については、「桜の通り抜け桜樹一覧表」をご覧ください。

今年の桜の通り抜けには、新たに「松前(まつまえ)」が登場します。
matsumae.jpg

「松前」は、北海道松前町桜見本園浅利政俊氏が「糸括(いとくくり)」の実生から選抜した美しい里桜で、花は蕾濃紅色、開花後紅色、花径5~5.5cmと大輪花で、花弁数は35~42枚です。

※お問い合わせ※
ハローダイヤル(8:00~21:00)
0570-00-8886
ハローダイヤルの案内期間は、平成18年3月17日(金)~4月18日(火)です。4月19日(水)以降は、案内の終了のご案内をいたします。
造幣局広報室
06-6351-5105
06-6351-6150


Σ(・o・;) アッ!!

そうそう、開催概要にも書きましたが、今年は桜の通り抜け名物?の造幣せんべいの販売は会場内では行ってないので注意してくださいね☆
一応、発売はしているのですが場所がKEIHAN CITY MALLの1階メインエントランス内です!!
通り抜け会場からは離れてますが、美味しいので是非!!
去年までずぅ~っと続いてたのに何でやめちゃったんだか…


:*.;\".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.\";.*:

本日の走行距離
約0.0km

:*.;\".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.\";.*:
スポンサーサイト
NEXT Entry
FUNKY802 SPECIAL WEEK!が遂に開始!!
NEW Topics
会社説明会
実は集団食中毒…
感冒性胃腸炎
OSAKA AUTO MESSE 2009
初滑り
Comment
Trackback

造幣博物館造幣博物館(ぞうへいはくぶつかん)は、大阪府大阪市北区 (大阪市)|北区の造幣局 (日本)|造幣局本局構内にある博物館。1969年に開館した。 重厚な煉瓦造の建物は1911年(明治44年)築の旧造幣局火力発電所の施設を再生利用したものである。館内は4つ部屋に分かれ

造幣局の桜を通り抜けてきました。

初めて行ったんですが、想像以上に人が多かったです。花見というよりも、人見に近い状態でした^^;桜の品種ってあんなにたくさんあるんですね~。ソメイヨシノぐらいしか知らない私にとっては、知らない品種だらけでした。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。